金属アレルギーが生じない「白い詰め物・被せ物(差し歯)」|アス横浜歯科クリニック|井土ヶ谷駅すぐの歯医者。土日も診療

平日夜9時迄 / 土日も診療

電話045-743-0896

メール相談メール相談

〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町215-1 マルエツ井土ヶ谷 別棟

メイン画像

綺麗な歯は、あなたに
笑顔をもたらします。

そして、あなたが笑顔になることで、
あなたの周りの人も幸せになります。

白く綺麗な歯、
私たちにプロデュースさせてください。

複数の選択肢の中からあなたに適切な手法をご提案します

当院では患者さんの多様なニーズにお応えするため、歯を白くする「ホワイトニング」、歯肉を綺麗なピンク色に戻す「ガムピーリング」、歯の白さだけでなく形も整えたい方のための「セラミック治療」なども行っています。それぞれご紹介します。

黄ばんだ歯を「薬剤」で理想の白さへ

黒ずんだ歯茎をピンク色に

  • ビフォア1
  • アフター1

詳細を見る

セラミックで色と形を改善

  • ビフォア2
  • アフター2

詳細を見る

黄ばんだ歯を「薬剤」で理想の白さへ

ホワイトニングには、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」と、歯科医院で特殊な光を当てて歯を白くする「オフィスホワイトニング」があります。それぞれ、「白くなる度合い」「白さの持続期間」に違いがありますので、あなたのニーズに合わせてご選択ください。

自宅でのホワイトニング – 「ホームホワイトニング」

概要

歯科医院でホワイトニング用のマウスピースを作成し、それにホワイトニング剤を入れ、ご自宅で行うホワイトニングです。

  1. 診療、歯の色を確認

    診療、歯の色を確認

  2. 専用マウスピース(薬品を入れるための装着具)を制作

    専用マウスピース(薬品を入れるための装着具)を制作

  3. 歯のクリーニング 自宅での使用方法の説明

    歯のクリーニング
    自宅での使用方法の説明

  4. 自宅にて、マウスピースを用いてホワイトニング

    自宅にて、マウスピースを用いてホワイトニング

特徴

オフィスホワイトニングと比べ、白くなるまでに時間がかかり、白さの度合も若干落ちてしまいますが、白さの持続期間がオフィスホワイトニングより、長いのが特徴です。

ホワイトニング剤

松風

当院では「松風ハイライトシェードアップ」というホワイトニングを推奨しております。厚生労働省で承認を受けた歯面清掃補助材で、医師の指導のもと家庭で行うので安心してご利用いただけます。

オフィスホワイトングと異なり、じっくり時間をかけて薬剤を歯に浸透させ白くしていきますので、「白さが長持ちする」という特徴があります。

主成分は過酸化尿素(10%)です。オフィスホワイトニングなどに使われる過酸化水素(35%)よりも刺激が少ないため、より安全に患者さんにご家庭でお使いいただけます。

  • 4
  • 5

施術の流れ

1.当院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。 比較的大きな虫歯がある場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病があった場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。そのため1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をします。これにより本来の歯の色に戻ります。

a

2.歯型をとり、患者さんの歯並びに合ったマウスピースを作ります。

b

3.そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します

c

4.変色の程度にもよりますが、指定時間・指定期間続けます。

d

歯科医院でのホワイトニング – 「オフィスホワイトニング」

概要

光に反応するホワイトニング剤を歯に塗り、歯科医院にて施術を行います。

  • 治療前の歯の色をチェック

    治療前の歯の色をチェック

  • 専用マウスピース

    歯のクリーニング、歯垢、歯石、着色の除去

  • 歯のホワイトニング

    白くしたい部分に薬剤を塗り、光を当てる

特徴

ホームホワイトニングと比べ、白さの度合いが高く、短期間で理想の白さが手に入りますが、白さの持続期間は短いのが特徴です。

ホワイトニング剤

当院では「Tion」というオフィスホワイトニングを導入しております。
このホワイトニングシステムの特徴と当院のオフィスホワイトニング体制をご紹介します。

特徴1治療中・治療後の「痛み」や「知覚過敏」
一般的なホワイトニング
高確率で「しみたり」「痛み」が生じる
Tionホワイトニング
しみにくい、痛みが少ない

一般のオフィスホワイトニングでは、ハロゲンランプやプラズマランプの光源と薬剤の「熱反応」で白くしていましたが、これが直接的な痛みを生みます。
しかし、Tionホワイトニングではワンクッションとして、光触媒の薬液を塗布してからLEDライトによる「光化学反応」で白くするため「しみる・痛む」ことはほとんどありません。

特徴2「光沢」のある自然な白さを引き出します
一般的なホワイトニング
歯の表面をざらざらにして乱反射を起こすことで、歯を白くするため、歯の表面を荒らしてしまうという欠点がありました。
Tionホワイトニング
薬剤の成分で歯の表面がツルツルになり、透明感光沢のある自然な白さを引き出します。また、歯質が強化され、着色や汚れも付きにくくなる効果もあります。
  • 6
  • 7

施術の流れ

1.当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

オフィス1

2.歯を白くする薬剤を塗り、特殊な光を照射し、薬剤を除去します。この流れを2~3回繰り返します。
  • オフィス2
  • オフィス3
  • オフィス4
3.歯の色を確認(シェードチェック)して終了です。

黒ずんだ歯茎をピンク色に – ガムピーリング

  • ビフォア1
  • アフター1

口元の印象を決める要素として、綺麗な白い歯が挙げられますが、実は「歯肉(歯茎)」の色合いも、その人の印象を大きく左右する大切な要素となります。歯肉(歯茎)の色が黒ずんで見えたりするのはメラニン色素が沈着しているからです。日焼けと同じで、歯肉もタバコや食品などの刺激によってメラニン色素を分泌します。

また、歯茎が黒ずむ原因は喫煙だけではなく、被せ物に使用される金属が溶け出し歯肉に沈着してしまう事でも引き起こされます。上記のようなことが原因で黒ずんでしまった歯茎の色は、特殊な薬剤を利用することで改善し、元の綺麗なピンク色まで回復させることができます。

歯の「色と形と歯並び」をセラミックで改善

  • ビフォア2
  • アフター2

良く患者さんから「ホワイトニング」と「審美歯科治療」の違いについて質問されます。
「歯を白くする」という目的は同じですが、その「やり方」と「白さの効果」「他の効果」が異なります。
詳細は審美歯科治療をご参照ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

治療方法 薬剤を反応させて歯を白くします。
効果 時間が経過すると後戻りします。
稀に知覚過敏の症状が出ることがありますが、直ぐに収まります。
他の効果 特になし

審美歯科

審美歯科

治療方法 セラミックの詰め物・被せ物を利用。ホワイトニングと異なり、歯を削る必要があります。
効果 白さは半永久的に持続します。
他の効果 歯の形、歯並びも同時に改善できる。

ホワイトニングQ&A

どのくらい白くなりますか?
個人差はありますが、1回で2段階以上白くなると言われています。
123
すぐにホワイトニング治療はできますか?
大きな虫歯があったり、歯茎が腫れている(歯周病)場合は、ホワイトニング治療はできません。大きな虫歯がある場合は治療中の痛みの原因になります。歯茎が腫れている場合は薬液に血液が混じり、十分な効果が出ません。このような症状が見受けられる場合は、お口の状態を改善してからホワイトニングを行います。
歯の黄ばみの原因は?
下記のような様々な原因があります。
①日常の飲食による黄ばみ(一番多い)
コーヒー・紅茶・カレー・しょうゆ、赤ワイン、ケチャップなど色素の濃いものを長年摂取することで、次第に黄ばんできます。
②加齢による黄ばみ
年齢とともにエナメル質が薄くなり透過性が高くなります。そうするとエナメル質の下にある象牙質の色が目立ってきますし、象牙質自体も加齢とともに色が濃くなっていきます。象牙質はもともと「黄色」に近い色をしているので、歯が黄色く見えてしまうことになります。
③全身疾患に由来する変色
胎児の時に、母親が服用した抗生物質(テトラサイクリンが有名)や過剰に摂取したフッ素などの影響を受けている事があります。
④遺伝による黄ばみ
髪の毛や肌の色が人それぞれ異なるように、遺伝的に黄色味を帯びている歯の方がいます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

電話045-743-0896

医院の住所

〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町215-1 マルエツ井土ヶ谷 別棟

診療時間
10:00 ~ 21:00 --
  • ※日曜日の診療時間は、 10:00~18:00
  • ※木・祝は休診

このページの先頭に戻る