しっかり噛める「超精密入れ歯(義歯)」/即日入れ歯にも対応|アス横浜歯科クリニック|井土ヶ谷駅すぐの歯医者。土日も診療

平日夜9時迄 / 土日も診療

電話045-743-0896

メール相談メール相談

〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町215-1 マルエツ井土ヶ谷 別棟

メイン画像

その日の内に(約5時間)に
「一時的」に噛める入れ歯を製作する
1dayデンチャーシステム」も
当院の特徴です。

詳細はこちら

ホームページ上で、
自分の歯のように噛める入れ歯を
作れます!

このような宣伝をよく目にします。

本当でしょうか?

当院で製作する入れ歯は、
本当に、自分の歯のように噛めます。

それだけの、こだわりがあるから。

  • 治療前
  • 治療後
  • 10
  • 11
  • a
  • b
  • c
  • d
  • e
  • f

当院の入れ歯製作担当のご紹介

入れ歯製作の主担当は院長が担います。
これまで多くの歯科専門雑誌で、院長が手掛けた症例が認められ掲載されました。

補綴臨床 2015年1月号

補綴臨床2015年1月号

日本の人口比率における高齢者の数が増加傾向にある以上は、歯科医院を訪れる患者さんの高齢者比率も上がっていることは確かだと思います。私たちができることは、多様なニーズに合わせた治療提案ができること。当院では歯を失った際の治療法の1つである入れ歯(義歯)に力を入れています。まずはご相談ください。

  • 補綴臨床2015年1月号
  • 補綴臨床2015年1月号
  • 補綴臨床2015年1月号
  • 補綴臨床2015年1月号

補綴臨床 2014年9月号

補綴臨床 2014年9月号

義歯を作製する一連の流れの中で、特に大切な部分は「診断用義歯」による入念なシミュレーションです。何度も調整を繰り返し、患者さんにあった形態、色等を模索します。この工程を踏まない治療では、なかなか患者さんに満足して頂ける入れ歯は出来上がりません。

  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例
  • 症例

5

なぜ、多くの入れ歯が自分の歯のように噛めないのか?

コバルト

一般的に歯科医院で勧められる良い入れ歯とは、そのほとんどが金属床(きんぞくしょう)と言って入れ歯の一部分が金属のプレートになっているものです。

その金属床のメリットとしてよく言われるのが「強度が高い」「薄く作れるので違和感がない」などです。確かにこれは事実です。

しかし、このような性質上のメリットがあるからと言って、快適な入れ歯を作れるわけではありません。

入れ歯を快適に利用するために一番大切なことは「歯肉にぴったりフィットしてどのような時も動かず安定していること」です。

これを達成させるためには、単に上下の歯型をとって入れ歯を作製するだけでは足りません。
なぜなら、その状態で作られた入れ歯は、「何もしていない状態」に合わせただけ、もっと言ってしまうと「お話をしている状態」「食事をしている状態」の顎の動き・筋肉の動きを反映させていない入れ歯なので、どうしても問題が生じます。

ドクター

これがしっかり調整されていないと、どんなに高価な金属を使った入れ歯であっても「痛い・噛めない・外れる」入れ歯が出来上がってしまいます。

この事実は、入れ歯を作っている歯科医師の方でも理解していない方が多くいらっしゃいます。専門家である歯科医師も理解していないのであれば、入れ歯の専門家ではない患者さんも当然知る由もありません。

このようにして作製された入れ歯はしっかり歯茎に吸着しますので、食事をするときも外れることはありません。そして歯茎にしっかりフィットしているという事は痛みが生じることもありません

当院では、この「普段の生活で生じるお口の様々な動きをミクロン単位で調整し、歯茎にしっかりと吸着する」入れ歯を作製しています。

以下、具体的にご説明します。

自分の歯のように噛める入れ歯の製作方法

従来法の入れ歯製作工程では、すぐに型をとって入れ歯を作製しますが、当院では、まずは本番用の入れ歯を作製する前に「診断用義歯(リハビリテーション用の義歯)」を作製し、それを普段の生活で装着していただくことで、「会話している状態のお口の動き」や「食事中のお口の動き」をその入れ歯に記録していきます。その情報を元に、問題箇所を随時改善していきます。

「入れ歯を装着するだけでそのような記録を採れるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、この入れ歯は特殊な構造をしており、お口の様々な動きを記録することができるのです。

この改善を複数回行うことで、お口にあった入れ歯の構造が判明します。
その構造を本番用の入れ歯に反映させることであなたに合った入れ歯が完成します。

つまり、診断用義歯(リハビリテーション用の入れ歯)で本来あるべきお口の状態に改善したあとに初めて本番用の入れ歯を作製していきますので、当然、非常に安定した入れ歯が出来上がるのです。逆を言ってしまいますと、一般的な入れ歯はこのような工程を踏んでいませんので、お口に合う入れ歯ができるはずがないのです。

具体的に治療工程をお話しします。

下記の画像はリハビリテーション用の入れ歯です。

治療用義歯

これをまずは作製し、お口に一定期間装着し日々の生活を送っていただきます。
このリハビリ用義歯には特殊な加工がされています。下記の赤枠部分です。

治療用義歯②

調整

食事などにより「噛む」動作をすると、この特殊加工部分がどんどん削られていき、その時点での噛み合わせ位置が判明します。噛み合わせが判明すると、その噛み合わせに合わせるように入れ歯自体に調整を入れていきます。これを何度か繰り返すことで、最終的にはその方にあった噛み合わせ位置が判明し、そして、その噛み合わせに合った入れ歯はどのような形態なのかも同時に判明します。

治療用義歯④

この段階で全ての情報は治療用義歯に反映されていますので、患者さんの中には「この治療用義歯で十分です」とおっしゃってくれる方もいます(笑)。

後は、この治療用義歯と寸分たがわぬ本番用の入れ歯を作製し完成となります。

  • 治療前
  • 治療後

一見簡単な作業のように思えますが、実は知識と経験、そして判断力が必要とされます。
例えば、複数のドクターに同じ情報が与えられた場合、各ドクターの判断は1つに集約されると患者さんは思われると思います。

それは違います。

ドクターも1人の人間です。経験・知識の差は当然ありますし、得手不得手も当然存在します。
そのため、同じ情報を得て、そして同じ工程を踏んだとしても、出来上がる入れ歯には当然、差がつくことになるのです。

その他、当院の入れ歯の特徴をご紹介

その他、「多種類」の入れ歯をご用意していること、その日の内に(約5時間)に一時的な噛める入れ歯を製作する「1dayデンチャーシステム」も当院の特徴です。

それぞれご紹介します。

「多種類」の入れ歯-
あなたに合った入れ歯を選べます

「茶ずつの原理でしっかり固定させる」入れ歯

コーヌス1

コーヌスクローネ義歯と言います。
歯科先進国ドイツで開発された特殊な入れ歯です。残っている天然の歯に金属の被せ物をかぶせ、その上から入れ歯を装着します。金属のバネがありませんので、他人から入れ歯をしていることを知られる心配は一切ありませんし、「痛い・噛めない・外れる」ということもありません。

  • 治療前
  • コーヌス2
  • 10
  • 11

「インプラントを活用した」入れ歯

インプラント

インプラントオーバーデンチャーと言います。これは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。患者さんが自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため身体への負担が少ない治療法です。

1日で入れ歯を製作する
「1dayデンチャーシステム」

色々な理由で、見た目的にも機能的にも優れた入れ歯を、「今すぐに欲しい」という方向けのサービスとなります。

下の画像をご覧ください。

  • 治療前
  • 治療前

そして、次の画像をご覧ください。

  • 治療前
  • 治療後

これは治療前と治療後の写真となります。
朝10時から始めて、15時にはこのような状態になりました。

治療を受けた方は「5時間でここまで出来るとは思いませんでした」と涙を流して喜こんでくださいました。

これはあくまで「」の状態ですので、以後、しっかりした治療を進めていきますが、「今すぐに」というご要望に当院ではお応えできる体制が整っています。

これは、乱暴に事を運んで早く仕上げるわけでは決してありません。
なにか大事なことを飛ばして事が進むわけでもありません。
ポイントを押さえ、シンプルに必要なことを突き詰めた結果、構築したシステムです。

個室で歯科医師、歯科技工士、コーディネーターの三身一体で治療に臨みます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

電話045-743-0896

医院の住所

〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷下町215-1 マルエツ井土ヶ谷 別棟

診療時間
10:00 ~ 21:00 --
  • ※日曜日の診療時間は、 10:00~18:00
  • ※木・祝は休診

このページの先頭に戻る